Kagu Cafe Higashimoto[家具カフェひがしもと]京都府城陽市のカフェ・家具・クロス販売

Import Wallpaper

日本製の壁紙の80%以上は、白やベージュの無地です。ファッションのようにインテリアも気軽に変えたい方が増えています。
 海外の壁紙はほとんどに柄があり、無地でも美しい色彩を持つものばかりです。
「色物や柄物はコーディネイトが難しい」「狭く感じる」と思う方もいるかもしれません。
しかし、インテリアと調和した壁紙は、室内をより心地よい空間にします。
また、鮮やかな壁紙で室内をコーディネイトする作業は、楽しいひとときとなるでしょう。

Cole&Son社は、1873年設立の老舗壁紙メーカーです。
中にはPlero Fornasetti(ピエロ・フォルナセッティ)やTom Dixon(トムディクソン)など、アーティストやデザイナーが手がけた壁紙(クロス)もございます。特に、フォルナセッティのデザインは世界中にコレクターがいるほど人気があり、食器などもプロデュースされています。

ウィリアムモリス
近隣デザインの創始者と謳われる19世紀のイギリスで最も傑出した芸術家、デザイナー、詩人。イギリスの産業革命後の機械化のよる大量生産と職人軽視の時代の中、装飾芸術の分野で手仕事の重要性を強調しました。「美しいと思わないものを家にはおいてはならない」と語り手仕事から生まれる自然に眼ざした美しさを発表し続けました。草木や樹木もモチーフにした壁紙は今も新鮮な魅力に満ち溢れています。彼が残したデザインから生まれるコレクションは、今日も世界中の人々へ不変の美しさを届けています。

その他のメーカー、ヴィンテージな雰囲気の木目柄などカジュアルなクロスもご用意しております。
お店やお部屋の雰囲気に合わせたクロス選びもアドバイスさせていただきますのでスタッフまでお気軽にお声掛けください。

Instagram @kagucafehigashimoto